2018年07月26日

人工膝関節の手術方法

膝関節に人工の関節を入れる手術方法が、大変な注目を集めているようです。
擦り減ってしまった膝関節にある軟骨を人工関節へと手術によって変えると、痛みが取れ、膝が痛くなる以前の生活を送ることができるようになるのだとか。
ですから、膝関節に痛みがあり、日常生活に支障をきたしている方は、人工の関節に興味があるのではないでしょうか。

膝関節に人工関節を入れるのが上手な医師というのを、以前、テレビで見たことがあります。
人工関節を膝関節に入れる手術にかけては、日本において大変な名医なのだとか。
この医師に膝関節へ人工関節を入れてもらうには、半年程度待つ必要があるようです。
何しろ【膝関節】の痛みで悩んでいる方は大変多く、この医師に人工関節を入れてもらおうと考える方が大変多いのだとか。
半年先まで予約がいっぱいで、それぐらい待たないと、膝関節に人工関節を入れてもらえないようです。
しかし、半年程度待って膝関節に人工関節を入れてもらうと、今まで杖に頼って生活していたのが嘘のように、膝の痛みが取れるのだとか。
テレビでは膝関節に人工関節を入れてもらった方も紹介していましが、以前は杖が無いと歩けず、階段の上り下りも思うようにいかなかった方が、人工関節を入れてからは杖無しで階段の上り下りをしていました。
膝関節にある軟骨が壊死してボロボロになっているという方の手術の様子も取り上げていました。
軟骨が壊死すると、軟骨へ少々力を加えただけで、ボロボロと崩れてしまうようです。
手で力を少々加えるだけで軟骨がボロボロと崩れ落ちるので、それが元々軟骨だとは到底思えませんでした。
この患者の方は、とても膝関節が痛かっただろうと思います。
膝関節へ人工関節を入れる手術ですが、壊死した軟骨を取り除き、そこへ人工関節を入れるというものでした。
人工関節を膝関節へ入れるとき、軟骨を取り付ける角度に医師の技術の差がでるようです。
軟骨の代わりに膝関節へ入れた人工関節が曲がっていると、O脚の原因になったりするのだとか。
ですから膝関節へ人工関節を入れた医師の方は、器具を使って、きちんと足首に対して軟骨が直角になっているのか、調べながら入れていたように覚えています。

膝関節に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして膝関節に入れる人工関節の情報も、ネット上には満載です。
ですから膝関節が痛くて人工関節を入れる手術を考えている方は、ネットで情報を集めてみると良いでしょう。
posted by hiz at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする